ねこがきた!

お山で出会ったミケネコとモラ家の日々

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

さくら捕物帖 final

無事にお産をしてくれたさくらのお話。




だいぶおつきあい頂きました。




今日は、お産後のお話です。

。.:*・゜・*:.。..。.:*・゜・*:.。..。.:*・゜・*:.。..。.:*・゜・*:.。..



保護してからさくらは飲まず食わずでした。

お産の時には、

胎盤を全部食べたようです。



箱の中の敷物は、

血の混じった羊水でよごれていましたが、

さくらと仔猫達のほか、

箱の中には何もありませんでした。

仔猫のおへそには、

さくらが咬みちぎったと思われる、

3cmくらいの

へその緒がついていました。





お産後は

びっくりするほど水をたくさんのみました。

容器の水を目の前で一気のみ!

あっという間に空になりました。

とにかく今までの分を取り返し、

母乳をつくるためなのか

フードファイターのようにたくさんゴハンをたべ、

水をがぶがぶのみました。

おしっこの量も半端な量ではありません。






お産の翌々日。

お産後に箱の中で立ち上がったさくらは、

おなかもぺったんこになり

とても痩せていました。





産後9日目、

少し丸くなったさくらの体重は、病院で3.17kgでした。



皮膚炎はフロントラインプラスの効果で、

数日でみるみるきれいになりました。

子育てはとても献身的で、

人間は何もすることはありません。

自分でお手手をグーパーしながらも、一生懸命授乳し、

おしりをなめて排泄の世話をし、

毛繕いなどかいがいしくお世話をしていました。

そして時々箱をでて、

箱とトイレの間の狭い隙間で一息ついていました。

025 (2)


はじめの頃の威嚇は、

部屋の戸をあけた段階で

シャー(Φ皿Φ)ノ!!

サクラモチ先生の1アクションにつき1シャー、

時々パンチがついてきました。

そんな激しい威嚇も

仔猫を守るという母親の行動のようです。





サクラモチ先生は、産後3日目に

寝床が

お産の時の血で汚れているのと、

お産前日にノミだらけという診断だったので

寝床にノミの死骸や卵がいっぱいあるような気がして

とても気になり、

掃除を決行しました。

まずさくらをキャリーに移し、

このチャンスに仔猫の体重測定などしました。

さくらは仔猫をとられると思うのか

ずっと鳴き続けます。







この掃除の時、

自然に赤ちゃんから取れた、

干からびた3cmくらいの

へその緒を2本、

ゲットしました。






それは

さくらと仔猫たちをつないでいた

大事な命の綱でした。







line100.gif

エピローグ


さくらは少しずつではあるけれど、

家の中の生活に慣れてきたようです。

ケージの扉を半開放→小部屋全体を自由に使う、

というように生活スタイルも

普通の家猫に近づけていきました。

威嚇も減りました。

特に完全に仔猫と離してからは、

すりすりと甘えてくるようになってきています。

今はごろんと横になり、

ゴロゴロ言いながら

宙をふみふみするのが日課です。




サクラモチ先生は

捕獲の前は

子猫の里親は捜すとして

さくらはリリースかな

と考えていました。


けれど、

ノミだらけで皮膚炎になって

エイズのキャリアであるさくらが

ストレスいっぱいで

平均4年と言われる野良の猫生を

どうやって生きていくんだろう、

リリースなんてできるわけがないと

考えが変わったといいます。




妊娠をしていない

捕獲後すぐに手術ができるケースと違って

しばらく子育てをし、家の中の生活に慣れてきたさくらをリリースしたとしたら

それはリリースではなく、

捨てることと同じになってしまいます。




保護してから、

東京の天気は一転、

雨が続きました。

雷がなって大雨の日が多かったことを

記憶している方もいらっしゃると思います。

もし、もっと早い時期に捕まってたら

子猫と会うことはなかったかもしれませんし、

あの日捕獲器に入らず、

そのまま外でお産していたら

雨風の中で十分なゴハンも食べられず、

親子とも危険な状態になったでしょう。




全ての様々な要因と

タイミングが重なって

サクラモチ先生と

さくら一家は

出会う運命だったのでしょう。

サクラモチ先生と出会って

幸せだよ、さくら。





さくらは自分の元に残すという選択もあると

サクラモチ先生は言いますが

先住猫「みーたん」の健康も守らなくてはなりません。

ワクチンも出てきているようですが、

発展途上の感が否めない現在、

基本は隔離となってしまい

両方の行動を制限しなくてはなりません。





さくらは今

目やになど

さくら自身の治療を始めています。





サクラモチ先生からさくらへのメッセージ...



威嚇が激しい頃から甘えん坊で、

 本当の甘えん坊さんになったさくら。

 はやくパッチリお目目になって、

 家中を自由に歩けるように、

 優しい里親さんのおうちに行こうね!

 強運ともいえるさくらは、

 きっと自分でご縁の糸をたぐりよせるはず!


(おわり)

.:*・゜・*:.。..。.:*・゜・*:.。..。.:*・゜・*:.。..。.:*・゜・*:.。...。.:*・゜・*:.。..


丁稚がさくら一家のことを知ったのは

生後2週間ほどの頃でした。

サクラモチ先生とも1年半ぶりくらいでした。

この再会には、お友達のKちゃんの存在がとても大きかったです。

Kちゃんが丁稚の連絡先を伝えてくれたことで

こうしてさくらの存在を知っていただくチャンスができました。


仔猫の里親様を募集していて

なんか行き詰まった感があった時に

助言して下さったゆーらんさん

突然のご相談にもかかわらず、本当にありがとうございました。


それからそれから

今もどこかで

このブログを見てくださっている皆様、

さくら一家とサクラモチ先生のことを知ってくださって

ありがとうございます。


丁稚とサクラモチ先生は

さくらが幸せになる日まで

まだまだ、

しつこくここで

さくらの様子を伝えていきたいと思います(´▽`)




仔猫3匹には、どうやらお家がみつかりそうです♡


----------------------------------------------------------------------------------
さくらにもあたたかい家族を!!にポチリと応援お願いします(≧∇≦)ノ↓

にほんブログ村 猫ブログへ
 <br />人気ブログランキングへ
ミナサマアリガトウゴザイマス!!
-----------------------------------------------------------------------------------





スポンサーサイト

| さくらとの出会い編 | 09:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

決まりそうでよかったですね~

子猫ちゃんの貰い手は多分すぐ決まると思ってました。
さくらちゃんはサクラモチ先生のところに残る可能性もあるとのことですが、隔離というのは辛いですね。
手放すのも、先生としては情が湧いてきて、これも辛いのかも知れませんね~
お疲れ様でした~

| dejavuewords | 2009/09/19 13:31 | URL | ≫ EDIT

吉宗くんも新しいお家が決まりそうみたいですね~良かった^^
さくらちゃんはお外で苦労した分、これからは絶対に幸せになってもらわないとですね。
サクラモチ先生の数々の気遣い、大変だったでしょうね。
いえ、今も大変だとは思いますが、
先生とモラッちさんの力を合わせてパワーアップですね。
みんな、幸せになれますようにv-22v-353

| ゆーらん | 2009/09/19 21:36 | URL | ≫ EDIT

dejavuewords さん

みなさまの応援のおかげです!
リンクしてくださったり、記事でも触れていただいたり
本当にありがとうございました。

| モラッち | 2009/09/20 23:25 | URL |

ゆーらん さん

こんにちは。先日はありがとうございました。
あの後、吉宗に絞った記事を掲載したところ
何件かお問い合わせがあって、明日そのうちの
一組の方とお見合い予定です^^
ご縁がありますように!

| モラッち | 2009/09/20 23:29 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nyankokita.blog47.fc2.com/tb.php/137-bd4fd8b5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT