ねこがきた!

お山で出会ったミケネコとモラ家の日々

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

さくら捕物帖 2

さくら914-3_convert_20090915123555
子育ても終えて勝手にベッドでくつろぐさくら様


前回の捕物帖の続き。




-------------------

とにかくケージが必要!

近所のペットショップで店の人に聞いてみると

少なくとも60×90cmは必要で、

野良猫であれば戸をこじ開けてでてくることもあるので、

犬用のしっかりしたものがよいとのことでした。

トイレ、フード、お産箱なども準備されました。




さあどうやって捕獲をするか?!



7月16日の夕方とりあえずキャリーをもって見に行きました。

無理かも...とは思いながら、キャリーの奥に缶詰を置き、入ってもらう作戦です。

外にも缶詰を置きました。

さくらは初めての缶詰のにおいにつられて、むしゃむしゃ食べていました。

前日、エサをあげないようにしたのものあって、お腹がすいていたのでしょう。

焦って、不用意にさくらに近づいて逃げられました。

けれど空腹には勝てないのか、数時間の間にさくらは3回現れました。

キャリーまで点々と缶詰をおくというベタな方法をとったところ、

さくらはおそるおそるキャリーに近づきます。






そして腰のあたりまでキャリーに入りました。

そこで一気に戸をしめようとしたら、するりと逃げられ初日の捕獲作戦はあっけなく終了しました。







サクラモチ先生は、近くに捕獲器を貸し出してくれる動物病院を発見しました。

7月17日に職場の人が、そこから捕獲器を借りてきました。

一度捕獲に失敗していて警戒しているだろうから、

数日は仕掛けない方がよいというアドバイスをうけたものの、

もう時間的な余裕もないし、さっそくその日の午後、捕獲器を置きました。







7月18日、捕獲器の中に♂と思われる見知らぬ白黒猫が入ってます(@_@)

がっかり。

相当あばれたのか、そこら中その猫の抜け毛が飛び散っていました。

かわいい顔をしていましたが、ごめんね、といってリリース。

一目散に飛び出して走って行きました。

そして捕獲器のセットし直し。

夕方、今度は別の大きな黒猫が入っていて、その子もリリースしました。







サクラモチ先生の勤務先周辺に、いかに野良猫が多いのかがわかります。

先生がさくらの子猫を探したときも、

一軒家の庭にかりかりを山盛りにしたお皿を見つけたり、

エサだけあげている人がいるようでした。

さくらはそういうエサにもありつけずガリガリに痩せていた...







7月19日朝。捕獲器に猫は入っていません。

夕方にまた様子を見に行きました。

準備などでいろいろ疲れていたサクラモチ先生は、

捕獲器が空だったら一度引き上げて翌日午後に仕掛け直そうと思いました。

どうせ入ってないだろうと、捕獲器の方へ。





!!






猫が入ってる。

しかも茶トラ!

そっと近づくとシャーッっと言われましたが、これまでの2匹と違っておとなしく入っています。

ニャーといいたいようでしたが、声がかすれていました。

びっくりして鳴き叫んで声が枯れたのでしょうか。






顔をみるとさくらにしては、皮膚がきれいで顔つきも幼く感じました。

さくらは当時皮膚炎がひどく、赤いはげのようなものがいくつかあったからです。

いつも眠そうな目なのに、まんまるな目。(今思えば、捕獲されてアドレナリン全開ΦωΦ)

でもおなかは大きいようです。








これはさくらなのか?さくらとは違う茶トラのメスなのか?

確証がもてずにひとりで立ったり座ったりするサクラモチ先生。









職場の人に写メを送ってみると、さくらではないんじゃないかという返事(´・д・`)







でも、茶トラだし、妊娠している。

もしさくらだったら一生後悔すると思って連れて帰ることにしました。








捕獲器を持ち帰る準備をはじめるとぽつぽつ雨がおちてきました。

出先からの帰り、お出かけ着+カーテンで包んだ捕獲器。

かなり怪しい人になり、タクシーを探しました。

捕獲器をみたら乗車拒否されそうだったのと、

自分がけがをしないように、そしてさくら(?)も落ち着くように、

覆いにつかっていたカーテンでぴっちり包みました。

運転手さんに「猫がいるんですけれどいいですか?」と聞いたらあっさり「どうぞ」と言われました。

きっと運転手さんは、普通のキャリーに入った飼い猫だと思ったんでしょう。







注文したケージを宅配便業者からまだ受け取っていなかったので、とりあえずお風呂場に。

S川急便に電話をしたら、当日の配達はもうできない時間でした。

でもサクラモチ先生は必死だったので、

悲しそうな声でなんとかならないでしょうか、と訪ねると

「大事なものなんですね?」と業者の方。

「そうなんです!どうかお願いします」

「はい、わかりました」

あぁ~~(TдT)S川急便さんよ、どうもありがとう!!と心から感謝。

さくらはしばらくお風呂場で待機となりました。


(続く)


さくら914-2_convert_20090915123512
枕も使用出来るさくら様  ノビ~~~



----------------------------------------------------------------------------------
さくらにもあたたかい家族を!!にポチリと応援お願いします(≧∇≦)ノ↓

にほんブログ村 猫ブログへ
 <br />人気ブログランキングへ
ミナサマアリガトウゴザイマス!!
-----------------------------------------------------------------------------------









スポンサーサイト

| さくらとの出会い編 | 12:42 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

捕物帖面白いです
無事、今があるからこそ書ける記事ですね。
本当に保護されて良かったなぁ~(´∀`)

| いくぱん | 2009/09/16 11:52 | URL |

いくぱん さん

保護とヒトコトでいっても、そこにはいろいろとありますよね。
今回は詳細を語ってくださる保護主サクラモチ先生がいたので
聞いてみました!
面白がってもらえたらなによりです~(´▽`)

| モラッち | 2009/09/16 19:10 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nyankokita.blog47.fc2.com/tb.php/133-d0178b76

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。